41歳がセミリタを目指して実践していく日記

2019年3月31日にて42歳でフルリーマンを卒業、以後はセミリタを実践していきます^^

人事部長との面談

ども、ヌーマンです

 

先程、人事部長との面談が終わりました

 

前に面談を受けていた別部署の課長から声がかかり、小会議室へ…

ドアをノックして入室すると、人事部長より正面へ着席を促され、面談開始です

 

まずは、人事部の作成した定型質問を一つずつ投げかけられ、仕事のこと、職場のこと、部下のこと、自分の目標のこと等々、特に回答に困ることもなく淡々と進みました。

 

人事部長「最後に、家庭のこととか、他にも困ってること、何かあれば言ってほしい」

ヌー「(さっきの質問の流れで話すきっけけは何回かあったが、ここだな)」

ヌー「△△部長(直属の上司)には評価面談で既に伝えており、年明けの最終結論としてますが、来年3月いっぱいで退職を考えてます」

人事部長「……(ポカーン)」

ヌー「短期間で環境変化や自分の考えが変わることもゼロではないので年明けとしましたが、今の段階で特に変わらないので、以降の人事を考えると、このタイミングで□□部長(人事部長)に伝えるのがベストと思いました」

人事部長「…、ん?何をやるつもりなんだ?」

ヌー「転職とかではないので特に何をやるってことではないのですが、やりたいことは山ほどあるのに時間が足りない状況を解消したいと思ってます」

人事部長「(ポカーン)」

ヌー「今の会社が嫌とか仕事が嫌というわけではなく、人生観が変わって、いつ死ぬかわからない1度きりの人生において、転勤で環境を変えながら、時間を拘束されて定年まで過ごすということが自分の中の選択肢として無くなったこともあり、サラリーマンとして時間を切り売りしていくことを一旦ここで終わりにして、自分のために時間を使おうと決めました」

人事部長「(ポカーン)」

ヌー「以前から退職は視野に入れており、いつでも実行できるような資産形成をしてきましたので、それを支えに、不動産事業・投資・ネット事業などを勉強しながら今後の生き方を探っていこうと考えてます」

人事部長「そうか~、俺もいろんな現場で部下の離職の場面に当たったけど、結構いいかげんな考えの奴が多くて、そういうのは自分の経験踏まえて説いて考えさせ直すこともしたけど、お前は入念に計画立ててるみたいだから俺個人としては応援したいけど、会社にとっては痛いな…」

ヌー「申し訳ありません、昇格したのも会社の期待の表れだと思いますし、昨年も家庭の事情を最大限に考慮いただくなど本当に感謝しています、この会社はいい会社だと思いますし良い人ばかりだと思ってますが、自分にウソをつけないというのが正直なところです」

人事部長「とりあえず話はわかった、年明けに△△部長から報告上がってくるんだろうけど、気が変わることを期待してるよ」

 

一部端折ってますが、こんな感じだったと記憶してます

 

これで社長以外の主要人物へ報告が出来ましたので気が楽になりました

 

ではでは^^